WHAT'S NEW

NOVITEC GROUP JAPANからのお知らせ。

【 プレスリリース 】

後輪駆動の新しいランボルギーニウラカンEVO RWDは、4輪駆動のウラカンよりも約33kg軽量化され、さらに重量配分とシャーシも体系的にとてもスポーティなハンドリングに対応しているため、レーストラックでのクイックラップに最適です。                                                     

NOVITECは、2シーターをさらにスリリングな外観にし、ハンドリングをさらにアップグレードしたいと考えているRWDの所有者向けに、幅広いスポーティなアクセサリーを提供します。

テーラーメードのNOVITECネイキッドカーボンコンポーネントは、外観をより美しくし、空気力学をより効率的にすることができます。Vossenと協力して設計された20インチと21インチのハイテク鍛造ホイールが、19インチのプロダクションリムに取って代わります。サスペンションの微調整は、スポーツスプリングまたは車高とダンピングを調整可能なNOVITECコイルオーバーサスペンションで行うことができます。

スロートなエキゾーストノートとV10パワープラントの最適化されたパフォーマンスは、NOVITEC高性能エキゾーストシステムの特徴です。それらはさまざまな素材で作られており、超軽量のINCONELや熱放散を改善するために、オプションで999の細かい金メッキのエキゾーストシステムを取り付けることもできます。

ウラカンEVOの新しいRWDは、このシリーズの他のモデルとは異なる形状のバンパーを装備しています。NOVITECの設計者は、筋膜の下部に取り付ける新しいネイキッドカーボンフロントスポイラーを開発しました。高速でのフロントアクスルリフトをさらに低減するために、センターセクションの上に追加のフロントウィングを取り付けました。また、カーボンフロントフラップを彫刻して、レースにインスパイアされたデザインをさらに際立たせ、エアストリームをフロントフェイシアのサイドエアインテークにさらに正確に向けました。

NOVITECはオプションとして特別なトランクリッドも提供しています。左右に統合されたスリットは、フードに統合されたダクトを通して空気を送り、より多くのダウンフォースを生み出します。この対策は、NOVITECフロントスポイラーと連携し、高速走行時のハンドリング安定性をさらに向上させます。

NOVITECネイキッドカーボンロッカーパネルは、パワフルなミッドエンジンスポーツカーにさらに低い視覚的スタンスを与えます。さらに、統合されたエアインテークのおかげで、リアブレーキの冷却も改善されます。同じ複合材料を使用して、NOVITECミラーカバーとリアサイドウィンドウのエアインテークを製造します。これらはさらに前方に伸び、エンジンベイへの新鮮な空気の供給を最適化します。

NOVITECの設計者は、エンジンベイへの空気供給を改善するためにも空力微調整を採用しています。より多くの摂取量を備えた完全なNOVITECネイキッドカーボンフード、または添付の画像に示されているバリエーションから選択できます。工場出荷時にガラスフード付きで注文されたクーペは、エンジンベイを通る空気の流れを最適化するエアボックス設計の左右の吸気口でアップグレード可能です。

NOVITECカーボンリアウィングが外観を支配し、空力的に効率的な効果を発揮します。その洗練されたデザインは、高速でリアアクスルのダウンフォースをさらに高めます。またNOVITECリアディフューザーはこの効果をさらに高めることができます。

もちろん、ランボルギーニRWDのNOVITECデザインアップグレードには、ホイールも含まれています。これらは、最先端の鍛造技術を使用してホイールも製造しているアメリカのスペシャリスト、Vossenと協力して開発されました。RWDモデルは、従来のボルトパターンまたはセンターロックデザインのいずれか選択が可能なので、NOVITEC NL4はこれら2種類のアタッチメントシステムでも利用できます。

大きく開いたY字型にリムの外縁に向かって先細りになる6本の繊細なスポークを使用するスタイルで、ホイールを以前よりもさらに巨大に見せます。フロントアクスルとリアアクスルの直径20インチと21インチの千鳥配列は、イタリアの2シーターのくさび形をさらに強調しています。フロントアクスルは、245/30 ZR20高性能タイヤを装着した9Jx20ホイールを備えています。325/25 ZR 21タイヤを装着したリアアクスルのサイズ12.5Jx21リムは、優れたグリップを提供します。

RDWのウラカンをさらにスポーティでダイレクトなハンドリングにするために、開発された2つのオプションを提供します。NOVITECスポーツスプリングは、フロントアクスルとリアアクスル間の重量配分の変化に適合し車高を約35ミリメートル下げます。

サスペンションを個人の要件に合わせてさらに正確に調整したい方のために、KWと共同で開発されたNOVITECアルミニウムコイルオーバーサスペンションも選択できます。そのソリッドピストンテクノロジーショックは、もともとGT3モーターレース用に設計されており、低速と高速の両方で13の圧縮およびリバウンドステージを備えています。さらに、このパッケージを使用すると、ランボルギーニの車高を最大35mmまで連続的に下げることができます。敏捷性と限界での運転の安全性がさらに向上したにもかかわらず、NOVITECスポーツサスペンションはこのタイプの車両に卓越した乗り心地を提供します。

449kW / 610 hpのウラカンEVOの自然吸気V10エンジンはそのままですが、NOVITECRACEの高性能排気システムのパフォーマンスにより電力供給を最適化できます。お客様は、ステンレス鋼で作られたバリエーション、またはフォーミュラ1レースで使用されるさらに軽いインコネル素材から選択できます。エンジンベイの温度を下げるために、これらの排気システムには断熱材が付いています。オプションで999の細かい金メッキでさらに断熱効果を高めることができるます。ボディワーク用のNOVITECカーボンパッケージに完全にマッチするカーボンとステンレス鋼の組み合わせのテールパイプもあります。

【お問い合わせ先】

株式会社NOVITEC GROUP JAPAN

住所:〒658-0042

兵庫県神戸市東灘区住吉浜町16-3

電話:078-846-0871

担当:上田 080-4295-3362 

    岡 080-4397-0153

#novitec

#novitecgroup

#novitecgroupjapan

#Lamborghini 

#Huracán EVO RWD

#EVO RWD

#ウラカンEVO RWD

#Ferrari

#SPOFEC

#McLaren

#NOVITEC N-LARGO

#rollsroyce

#TESLA

#Maserati